放射線とは

中学生が理解できるように、「放射線」について説明します。

「線」という漢字を辞書で調べると、「すじ」という意味です。
「放射」は、「四方八方へ出ること」という意味です。
ということは、「放射線」=「放射・線」は、四方八方へ出てくるすじということです。

そのようなすじには、どんなものがあるでしょう?
可視光線、赤外線、紫外線、磁力線も四方八方に飛んでる光線です。
これは放射線ですか?

はい。放射線です。
実はレントゲン写真をとるときに使うX線や原子力発電所の事故で問題になる放射線だけが放射線ではないんです。

難しい用語になってしまいますが、放射線は、電離放射線と非電離放射線に分類されます。

電離についてはあとから説明します。

非電離放射線:可視光線、赤外線、紫外線、磁力線など
電離放射線:アルファ線、ベータ線、ガンマ線、エックス線、中性子線など

この電離放射線のことを、一般的に「放射線」と呼んでいます。

これからの説明では、電離放射線のことを単に「放射線」と表現します。

放射線とは何なのでしょう?

突然ですが、
ピカチューの得意技は、「10万ボルト」
悟空の得意技は、「かめはめ波」ですよね。

10万ボルトやかめはめ波は、エネルギーの流れなんです
実は、放射線もエネルギーの流れです。目には見えませんけどね。

ここで電離について説明します。

電離=電子・離れる

原子は、原子核とその周りをまわる軌道電子で構成されます。
放射線が物質の中を通過する際、そのエネルギーによって、物質を構成している
原子が持つ軌道電子をはじき飛ばして、プラスイオンを作ります。
これを電離作用といいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加